がん化学療法チーム

がん化学療法チームについて

私たちがん化学療法チームは、抗がん剤治療(化学療法)を受ける事になった患者様が抗がん剤治療について十分に理解した上で、より安全に安心して治療を受けていただけるようサポートしていくチームです。

メンバーは、医師、看護師、退院支援看護師、薬剤師、管理栄養士、事務職員で構成され、月に1回カンファレンスを行い、活発な意見交換をしています。
不安な点や疑問・相談などがあれば、お気軽に医師や看護師・薬剤師などにお尋ね下さい。


化学療法とは

化学療法とは抗がん剤を用いてがんを治療する事を言います。内服薬・注射薬で行います。
目的には、
1.がんを治癒させる
2.がんの転移・再発を防ぐ
3.がんの成長を遅らせる
4.がんによって起こっている症状を和らげる
などがありますが、使用する薬や治療期間は個々によって様々です。
当院では、胃がん・大腸がんに対する化学療法を行っています。

副作用について(代表的なもの)

多くの抗がん剤治療は外来通院で行うことができます。
そのため、患者様ご自身が薬の副作用を知り、症状をうまくコントロールしながら治療を継続し、日常生活を送ることが大切です。
使用する薬の種類や患者様の状態によって、出現する症状は様々です。
気になる症状がある場合には、医師や看護師・薬剤師などにご相談ください。

代表的な副作用



副作用の種類 セルフケアのポイント
1.吐き気・嘔吐・食欲不振 消化に良いものを食べる
体を締め付ける衣服は避ける
花や香水などのにおいが強いものを避ける
 2.下痢 消化に良いものを食べる
十分な水分を摂る
3.口内炎 料理は熱いもの、刺激物、硬いものを避ける
うがい、歯磨きなどで口の中を清潔にする
口の中を乾燥させないようにする
4.感染症
  感染症の疑われる症状
   ・38℃以上の発熱
  ・風邪症状
  ・歯肉痛、口内炎
  ・下痢、腹痛、肛門痛
  ・膀胱炎症状
外出、食事、トイレの前後の手洗いをしっかり行う
うがい、歯磨きなどで口の中を清潔にする
体を清潔に保つ(入浴・シャワー、トイレの後)
人ごみは避ける
5.末梢神経障害(しびれ) 外傷に気づきにくくなるため、やけどやぶつけたりしないように注意する
靴下を履いて靴を履く(つま先の保護のため)
マッサージや保温を行う
6.手足症候群(手足の皮膚の赤み、痛み) 保湿剤を手足にこまめに塗り、乾燥を防ぐ
手足を清潔に保つ
やわらかい手袋や靴下で保護する

高額療養費制度について

抗がん剤は薬の中でも高価で、医療費が高額になります。
経済的な負担を軽くするための制度として「高額療養費制度」があります。
年齢や所得によって異なります。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

がん化学療法レジメン一覧

当院で行っている化学療法のレジメンです。

大腸がん  胃がん

※投与量・投与スケジュールは、患者さんの状態によって変更される場合があります。


<当院の処方箋を応需される保険調剤薬局の先生へ>

がん化学療法に関してご不明な点は、薬剤部までお問い合わせください。
また、患者さんに生じた副作用や服薬状況などの情報の病院へのフィードバックについては、緊急を要する場合は直接お電話ください。
緊急を要しないものはFAXにてご連絡をお願いします。

チクバ外科・胃腸科・肛門科病院 薬剤部

電話番号:086-485-1755
FAX番号:086-485-3500
受付時間:9:00~17:00(木曜日・日曜日・祝日・年末年始は除く)


ページのトップへ



チクバ外科・胃腸科・肛門科病院
〒710-0142 岡山県倉敷市林2217  
TEL:(086)485-1755 FAX:(086)485-3500
Copyright © Chikuba Hospital. All Rights Reserved.