ホームに戻る

内視鏡検査について

お知らせ

※内視鏡検査での付添いに関する変更点のお知らせ(2024/5/1)

当院では今まで鎮静剤を使用した内視鏡検査には、付添いの方とのご来院をお願いしておりましたが、2024年5月7日以降の内視鏡検査においては、付添いの方がいなくても、鎮静剤を使用して内視鏡検査・結果説明を患者様お一人で受けられるようになりました。

ただし、一人で検査を受けるためには、下記の条件を満たす必要があります。

<一人で検査を受けるための条件>
①検査後当日、車・バイク・自転車の運転をしない方
②公共交通機関・送迎でご来院、ご帰宅される方

上記 ①②両方を満たす方のみとさせていただきます


※今まで通り付添いの方との結果説明も可能です。
※下記の「鎮静剤を使用する場合の注意事項」もご確認ください。

 

2024年4月24日以前に 検査説明、予約をされている方へ
お一人での検査をご希望の方は、
上記条件を満たせば、受付時のお申し出で当日変更が可能です。
事前のご連絡は不要です。

<検査当日の持ち物>
・説明時お渡し済みの 同意書 (ご記入の上、必ずご持参ください)
・ご自宅に郵送した案内はがき (ある方のみ)
上記を総合受付へご提示ください

※検査当日、新しい同意書に署名と緊急連絡先を記入していただきます。

 

鎮静剤を使用する場合の注意事項
・眠気や浮遊感(フラフラする感じ)が生じます。
・検査後は1~2時間ベッド上安静が必要になります。
・検査後当日は車・バイク・自転車等の運転は絶対にしないでください。
(鎮静剤の影響で、頭がボーっとした感じが残り、事故を起こす恐れがあります)
・逆行性健忘(検査当日のことを後から忘れる)の副作用のため、説明された内容を忘れてしまうことがあります。


結果説明について
・付添いの方との結果説明をご希望の場合は、受付時にお申し出ください。
・結果説明用紙をお渡しします。
・鎮静剤の影響で結果説明をお忘れになった場合、電話での問合せでは説明は致しかねます。再度説明をご希望の場合は、後日ご来院ください。

 

Q&A
【Q】なぜ、一人で検査を受けられる体制に変更となったのですか?

【A】付添いを頼める方がいない、付添いの都合が合わない等でスムーズに検査予約ができない方がいらっしゃったことから、ご要望を考慮し体制変更させていただきました。

【Q】今までは、なぜ付添いが必要だったのですか?

【A】以下のような点を考慮して付添いをお願いしていました。
・鎮静剤を使用する場合、副作用の逆行性健忘(検査当日のことを後から忘れる)で説明された内容を忘れてしまうことがあるので、付添いの方にも聞いてもらうため。
➡【対応として検査結果説明用紙をお渡ししています。】
・鎮静剤の影響で、検査後も注意力の低下、眠気などが続くことがあるので、付添いの方と安全に帰宅してもらうため。
➡【当院では年齢や体重を考慮して鎮静剤の使用量を調整することや、検査後の帰宅基準を用いることで、お一人で検査を受ける場合でも安全性に配慮した体制を整えております。】
・検査中に偶発症等があった場合に、付添いの方にすぐに伝えるため。
➡【今後は緊急連絡先を記入していただき対応いたします。】

内視鏡について


「受診される方のニーズに応えながら安全かつ苦痛の少ない内視鏡」​​

当院では上記を目標にスタッフ一丸となって取り組んでおります。

消化管(食道・胃・十二指腸・大腸)がんは検診・検査を受け早期発見することで治療できることがほとんどです。しかし、早期の状態では症状が現れることも少なく気付かないうちに進行してしまっていることも少なくありません。そのため定期的な内視鏡検査を受けることが重要となります。

また、年々増加している炎症性腸疾患(IBD)の診断にも有用な検査になります。当院にはIBDセンターがあり、炎症性腸疾患学会の指導施設でもありますので診断後のフォローについてもご安心ください。

当院の特徴

鎮静剤を使用しての検査が可能

当院では苦痛の少ない状態で検査を受けてもらいたいと考えており、ご希望であれば鎮静剤を使用させていただいております。また付添いの方がいなくても、鎮静剤を使用して内視鏡検査・結果説明を受けることが可能です。

【鎮静剤を使用する場合の条件

  • 検査当日は車・バイク・自転車等の運転不可
  • 公共交通機関あるいは送迎での来院・帰宅の厳守

 

自分で運転して来院したいという方には鎮静剤なしで検査を受けていただくことも可能です

午前中の大腸内視鏡検査が可能

当院では午前中から大腸内視鏡検査を受けていただくことができます。

検査前の食事制限や下剤の服用方法は、予約時にスタッフから説明させていただき説明書もお渡しさせていただきます。

吐下血などの症状がある方への即日検査可能

吐血や下血など消化管出血が疑われる場合は、医師の判断で即日対応が可能です。検査をすることで出血の原因が分かれば、内視鏡を用いて止血処置することも可能です。

処置後の状態によっては、安静のため入院を勧めさせていただくこともあります。

胃がん検診も対応可能

倉敷市の胃がん検診にも対応しておりますので、対象の方は来院時あるいは電話にて予約をお願い致します。

検査時に組織検査などが追加になった場合は保険診療となりますので、お手数ですが保険証を忘れずにご持参ください。


ページのトップへ

内視鏡検査・治療の予約について

内視鏡検査・治療は、基本的には予約制になっておりますので事前診察が必要になります。診察後に内視鏡検査・治療の説明と予約をさせていただきます。ただし、緊急を要する場合や他の医療機関からのご紹介の場合はその都度判断させていただきます。

内視鏡検査・治療を希望される方へ

希望日がある方は、事前に希望する日をいくつか決めておいて頂けると予約がスムーズになります。 できるだけ早く受けたいと思われている方には、最短で予約可能な日をご提案させていただきますのでご相談ください。 ただし、医師が緊急を要すると判断した場合はこれに限らないことをご理解ください。

医療機関の方へ

他医療機関からの紹介も引き受けさせていただいております。電話あるいは地域医療連携室を通じてのご連絡でも対応させていただきますのでご相談ください。

内視鏡検査・治療日程



午前
(9:00~)
胃内視鏡検査
大腸内視鏡検査
午後
(14:00~)
胃内視鏡検査
大腸内視鏡検査
ポリープ切除術・EMR(内視鏡的粘膜切除術)
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
その他処置

ページのトップへ

外来内視鏡検査の流れ


①事前診察

 

内視鏡検査には事前診察が必要になります。

他の医療機関で処方されているお薬があれば確認させていただきたいので、受診時にお薬手帳や薬の説明用紙をお持ちください。 また、他の医療機関からの紹介や検診で精査が必要になって受診される方は、紹介状や検診結果を持ってきてください。

↓


②検査説明、予約

内視鏡検査を安全に行うための注意事項や偶発症、検査前に必要な準備などについて説明させていただきます。検査内容を十分ご理解した上で予約をお願いいたします。

*検査当日までに検査説明書や下剤の飲み方の説明書を紛失された方はこちらからダウンロードできますので必要があれば印刷してご確認ください。

【説明用紙】

 上部消化管内視鏡検査説明用紙

 大腸内視鏡検査説明用紙

【案内用紙】

 胃内視鏡検査案内用紙

 大腸内視鏡検査案内用紙

 胃・大腸内視鏡検査案内用紙

【その他】

 胃・大腸内視鏡検査を受けられる方へ

 

↓


③検査当日~検査前

 

予約時間までに内視鏡センター受付へお越しください。必要事項をご確認させていただき受付が完了しましたら内視鏡センター待合にてお待ち頂きます。

可能な限り予約時間に検査させて頂くようにスタッフ一同努力しておりますが、検査の進行状況や緊急の処置で遅れてしまうこともありますのでご理解ください。

↓


④検査

 

検査の順番がきましたら受付番号でお知らせします。荷物があれば事前にロッカーに預けていただければスムーズです。

更衣等がお済みになられたら、検査室へご案内し検査させていただきます。

↓


⑤検査後、結果説明

 

検査終了後、鎮静剤を使用された方はリカバリールームで1~2時間程休んでいただきます。

休まれた後に医師から検査結果の説明と結果説明用紙をお渡しさせていただきます。 検査中に組織の一部を採取して病理検査をさせていただくこともありますが、その場合は後日結果を聞くために受診していただくようになります。

↓


⑥会計

 

総合受付にて会計となります。

鎮静剤を使用された場合は、検査後乗り物(車・バイク・自転車等)の運転をしないようにお願いします。薬の効果は終日残ってしまうため、乗り物の運転は大変危険ですのでご理解ください。


ページのトップへ

入院内視鏡検査・治療の流れ


①事前診察

入院検査・治療にも事前診察が必要になります。

他の医療機関で処方されているお薬があれば確認させていただきたいので、受診時にお薬手帳や薬の説明用紙をお持ちください。 また、他の医療機関からの紹介や検診で精査が必要になって受診される方は、紹介状や検診結果を持ってきてください。

↓


②検査・治療説明

検査・治療についてご説明させていただきます。

(入院期間)

ポリープ切除・EMR:1泊2日あるいは2泊3日程度

ESD:3泊4日程度

経過によっては、入院期間が延長することもありますのでご理解の程よろしくお願いいたします。

↓


③入院説明

入院時の流れや必要な物などについてご説明させていただきます。

↓


④入院前検査

入院して検査・治療を受けるために必要な検査(血液検査や胸部レントゲンなど)を受けていただきます。

↓


⑤入院

 

予約日の午前中に来院してください。

入院での検査・治療は基本的には午後からになりますので、大腸検査・治療の場合はそれまでに下剤を飲んでいただきます。下剤の服用方法についてはあらかじめ飲んできていただくか、入院後に飲んでいただく方法がありますのでご希望があれば事前診察時にご相談ください。

↓


⑥検査・治療

順番がきたらお声がけしますので内視鏡センターまでお越しください。

更衣等がお済みになられたら検査室へご案内し検査・治療をさせていただきます。

↓


⑦終了後

検査・治療終了後リカバリールームにて休んでいただきます。

起きられたら病室へご案内します。

↓


⑧結果説明

退院までに医師から結果説明をさせていただきます。

↓


⑨退院

経過良好であれば予定通りの退院となります。退院後の注意事項を聞いてから会計を済ませてお帰りください。

ポリープ切除などを行った場合は、組織検査の結果が後日判明するため再度外来受診をお願いいたします。受診時に結果説明させていただきます。


ページのトップへ

Q&A

Q1.検査はしんどくないですか?

A1.消化器内視鏡学会専門医など経験豊富なスタッフが検査をさせていただきますのでご安心ください。また、当院では希望があれば鎮静剤を使用して検査をさせていただくなどなるべく苦痛のない状態で検査を行っています。

Q2.検査時間はどのくらいかかりますか?

A2.通常は、胃カメラで10~15分、大腸カメラで15~20分程度になります。 大腸カメラの場合、奥までカメラを挿入するのが難しい方もおられます。その場合、30分以上かかる場合もあります。

Q3.検査の時はどんな服装で行けばいい?

A3.検査中に汚れてしまう(胃カメラであれば唾液、大腸カメラであれば便汁など)ことがあるため、なるべく汚れても大丈夫な服装でお越し下さい。また、検査中に空気でお腹が張ってくるため締め付けの少ない服装が望ましいです。


大腸カメラの場合は上記のような検査用パンツに着替えて検査を受けてもらいます。

*検査用パンツは下着を脱いで穴が開いている方が後側になるように履いてください。

Q4.ピロリ菌の治療はできますか?

A4.検査時にピロリ菌感染が疑われた場合は、内視鏡下で組織を採取し感染の有無を調べさせていただきます。感染が判明したら除菌する薬を処方します。薬を飲んでいただいて、後日除菌できたかの検査(尿素呼気試験)を行います。除菌成功の判定がでれば治療は終了となります。

Q5.ピロリ菌が除菌できたらがんにはならないですか?

A5.除菌すればがんになる確率は下がりますがゼロではありません。ピロリ菌に感染した人は、除菌しても胃の粘膜が萎縮して炎症をおこしている(萎縮性胃炎)場合があるので、感染したことがない人よりもがんになる可能性は高いといわれています。がんになったとしても、早期発見できるように定期的に検査を受けることが重要です。

Q6.大腸検査でポリープが見つかったら?

A6.ポリープが内視鏡で切除可能なものであれば、後日入院して切除させていただきます。当院では、切除後の安全のために原則入院で切除を行っています。ポリープがあればすぐに切除してほしい方がおられましたら、入院での検査を勧めさせていただきますのでご相談ください。 ただ、サイズが大きく早期癌が疑われるようなポリープだと通常の切除方法では難しい場合もあり、その場合は後日ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)など別の方法で治療するということもあります。

Q7.ポリープを切除したらもう検査は受けなくていい?

A7.ポリープができやすい人、できにくい人がおられ、特にポリープが多数認められる人は切除してもまた別のところにできてしまうことも少なくありません。定期的に検査・治療を受けることが重要です。

Q8.ポリープは全て切除したほうがいい?

A8.基本的には腺腫と呼ばれるポリープと、過形成性ポリープと呼ばれるものが大半を占めています。腺腫と呼ばれるポリープは、放置しておくとがんになる可能性があるため切除対象となります。過形成性ポリープは、放置してもがんになることはないため経過観察となりますが、内視鏡で観察しても判別が難しい場合もあり、その場合は切除して組織検査を行い判別しています。

Q9.内視鏡検査はどのくらいの頻度で受けたらいい?

A9.「ピロリ菌に感染したことがある」「大腸ポリープを切除したことがある」「胃がんや大腸がんになったことがある」などの既往がある方には、1年に1回の検査を勧めさせていただいております。

Q10.検査・治療の費用はどのくらい?

A10.保険の割合や検査・治療の内容によって異なりますが、主な項目は以下の通りとなります。



項目 3割負担 2割負担 1割負担
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
【外来】
約5000円 約4000円 約2000円
大腸内視鏡検査
【外来】
約7000円 約5000円 約2500円
内視鏡的ポリープ切除術(大腸)
【入院】(1泊2日の場合)
約39000円~45000円 約26000円~32000円 約14000円~16000円

 

  • 検査で組織の一部を採取して、病理検査やピロリ菌感染の有無を調べさせていただく場合は追加料金となります。
  • 内視鏡的ポリープ切除術は、ポリープの大きさによって料金が変わります。
  • 内視鏡的ポリープ切除術は、入院費も含みますが、術後経過により入院期間が延長すると料金が変動しますのでご了承ください。

その他

さらに詳しい内容(検査・治療内容や当院の実績等)については、内視鏡センターについてをご確認ください。


ページのトップへ



チクバ外科・胃腸科・肛門科病院
〒710-0142 岡山県倉敷市林2217  
TEL:(086)485-1755 FAX:(086)485-3500
Copyright © Chikuba Hospital. All Rights Reserved.